水気耕栽培の特徴 [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

LINEで送る
Share on Facebook

image

これは、栽培槽に水を流入する部分です。先端が栽培槽に入っている白いものは、空気混入器と言います。
両サイドに小さな穴が空いていて、水と一緒に空気も栽培槽の中に流入していきます。
トマトの根に、常に養分と酸素が供給されて、根はどんどん増えて行き巨木となります。