th-farm のすべての投稿

咲き始めたと思いきやあっという間に満開の桜。暑いくらいの陽気です。

つい先日に開花したなと、思ったらいっきに気温上昇でもう満開の桜になってしまいました。もう少し長く楽しませて欲しいものです。

先日導入したハチを今朝に開放したところ、すごい数のハチが出て来ました。

さっそく交配の作業に取り掛かっていました。よく働いてくれるありがたい作業員といったところです。

南知多にやっと冬が終わり、春の訪れです。

寒い寒い冬が終わり、待ちに待った春がやっと来た。といった感じがします。

2月8日の種植えで夏から秋にかけて収穫するための苗です。春の日差しを受けて元気いっぱいです。

このところ糖度も上がってきて、色づきもよく日に日に美味しくなって来ています。

これからが楽しみです。

秋から冬にかけての天候不順のせいか?

10月から11月までは、そこそこ採れていたのですが12月に入って、収量が減って来てしまいました。例年ならば、収穫に追われている時期なのに、のんびりしている状態です。

7月19日種植えのアニモですが、天候不順の影響なのか急な冷え込みのせいか、色づきがいまひとつという感じです。

日差しも風も秋を感じ、周りの田圃は、ほぼ稲刈り終了。

このところハウスでの作業は、苗の定植もほとんど終わり、わりとのんびりとしています。

上は、ミニトマトで少しずつ色づいて来ていますから、もう少ししたら収穫できるでしょう。

下は、大玉トマトですが既にひとつづではありますが収穫できています。でもある程度採れる様になるのは、来月に入ってからでしょう。

猛烈な残暑に!今夏いちばん暑くなった南知多。

朝からいつに無い暑さを感じましたが、この夏一番の42度をハウスの温度計は記録しました。したがって今日は、朝9時から午後4時まで避難していました。

この暑さにも怯むことなく、実をつけ始めています。このまま順調にいけば、10月には少しずつ収穫ができるのではと、今から楽しみにしています。

浜風の南知多は木かげに涼しいが、ハウスの中では酷暑‼️

午前10時を過ぎる頃には、40度を超えて来ます。したがってハウスの中は危険な状態になって来るので、自宅へと避難します。午後は3時ごろの出勤になりますが、暑さとの戦いの作業となります。

来季に向けて苗つくりをしています。今回は今までの品種に加えて、3種類の新しい品種に取り組んでいます。いい結果が出るよう願いながら見守ってまいります。

梅雨空の時節、来季に向け苗つくりです!

いつもこの時期になると、ほぼ収穫を終えた樹を撤去する作業と栽培槽の洗浄に追われることになります。

そして同時に苗つくりをしていきます。

今回は、麗旬、パルト、TTMー120、CFプチぷよ、の4種類に新しく挑戦することにしました。期待通りの成果になることを期待しています。

目の前の海は潮干狩り、丘では桜が満開!!THファーム。

農園から見える海では、潮干狩りが始まりました。さっそく出かけて来た方が、朝早くからハウスにトマトを買いに来られました。毎年このシーズンになると、こういった見覚えのあるお客さんがよく来てくれます。

トマト狩りも問い合わせが増えて、土日を中心に多くの方が楽しんでいます。大玉トマトよりミニトマトの方が人気のようです。

ハウスの外では、白や黄色に紫の可愛い花が咲き春です。

ハウスの外では、若草が伸び始め土筆も顔を見せてすっかり春の装いになって来ました。

ハウスの中はと言うと、日中は初夏を思わせる暑さで、汗ばみながら作業をしています。

このような時期になると、トマトの顔に放射線状の筋がくっきりと見えるようになります。これが甘くて美味しいトマトなのです。

今日も南知多は天気に恵まれTHファームに沢山の方が来てくれました。

1月21日に種まきして定植したばかりのミニトマトのアイコの苗です。春の日射しを受けてみるみる成長しています。

こちらは、昨年の10月13日に種まきした同じミニトマトのアイコです。すでに5メートル四方に広がり少しづつ収穫できるようになりました。やはり、立春過ぎてからの成長の度合いには、目をみはるものがあります。

日射しに春を感じる知多半島南知多THファーム

ハウス内の温度の上がり方が以前とは違い、勢いよく上がるようになって来ました。日照時間も以前よりずいぶんのびて来ています。

種まきして3日目に発芽した生まれたての苗です。二週間ほどしたら定植します。

種まきして6か月経った樹です。6メートル四方に広がり実もいっぱいつき、元気に伸び続けています。

トマトの成長の速さに改めて驚かされます。

知多半島、南知多に驚きの大雪‼️ハウスも‼️

雪には縁遠い南知多が、ハンパない積雪になりました。なんとか四駆の軽トラに乗り、ハウスに着いてみると雪に☃️埋もれた状態に驚きました。ここまでの状況は、今までにないはじめてのことです。

なんとか氷ついた戸を開けて、中に入ってみるとかなり冷えるとみえて、暖房機がまわり続けていました。室内は、15度の設定になっています。

新年を初日の出とともに迎え獅子が舞う南知多THファーム。


新しい年を素晴らしい日の出とともに迎え、ほんとうにおだやかな正月を過ごすことができました。仕事はじめは、収穫作業に追われ夢中になっていると、パコンパコンという音に驚き振り向くと獅子が舞っていました。無病息災、豊作を祈願していただきました。それにしてもビックリでした‼️

毎年この時期は、交通量が増えて南知多も大賑わい!

今日で、のこすところ今年もあと6日となり、ほんとうに1年が過ぎることの早さに気づかされます。

今年もいろいろありましたが、なんとか無事に新しい年を迎えられることに感謝しています。


夏に種まきして定植した樹が、少しづつ収穫出来るようになって来ました。まだ樹のステージが若い段階のため実も大きく、一房に10個ぐらいぶら下がっています。これが、ステージが進んで沢山採れるようになると3〜4個となります。来年の4月、5月が最盛期になるはずででその頃の忙しさが今から思いやられます!

本格的な寒さに収穫減少ぎみのこの頃。

寒さが増し、1日の日照時間が短くなって来たせいでしょうか、このところ収穫減少しています。

それでも夏に種まきした樹が、先月中頃から採れ始め少しづつ増えて来ています。

このまま行けば、全体としては樹の成長とともに収穫量も徐々に増えて来てくれると思います。それまで様子を見守っていきます。

朝ハウスに来て、ひと運動してからおやつを食べて、ハウス内が温まってくるとおやすみタイムなり、今日も揃ってくつろいでいます。

冷たい空気に冬を感じるようになった南知多町。

この頃グッと冷え込むようになって、朝を中心に暖房機がよくまわるようになってきました。

トマトの収穫は、ここに来て少し落ち着いて来たようで、やれやれといった気分になります。


トマトケチャップが欠品していて催促されているので、収穫後に選別してはね出したセカンド品のヘタ取りをして、加工場に取り急ぎ送る準備をしています。

トマトケチャップが、よく売れるようになり大変喜んでいます。

曇り空の南知多花ひろばさんからトマト狩りに‼️

トマト狩りは前日までに予約がしつようですが、今日は収穫前だったので

来て頂きました。トマト大好きなお孫さんとおばあちゃんでした。8月17日に

種まきしたミニトマトが元気に育っています。来月には収穫が出来そうです。

3月27日に種まきをしたミニトマトはいま赤い実をいっぱい付けています。

Thファーム

愛知県知多郡南知多町大字豊丘字古山田76

0569-65-3035

営業時間 9時~16時

定休日 火曜日

トップ

南知多も木々が色づき始め、朝夕冷えてハウスの中は好条件。

朝夕と日中の温度差があるこの時期は、トマトが美味しくなります。

トマトの樹も元気にいっぱい実をつけて、夏に定植した樹も順調に成長しています。

交配用のマルハナバチですが、解放用の窓を開けたらうじゃうじゃと出てきました。

巣箱が届いた当初は、数匹のハチが出てくる程度ですが、10日も経つと巣箱の中でかなり増えてくるようで、このような状態になります。

南知多町立大井小学校の生徒さんが見学


今日は大井小学校三年生の子供達がハウスの見学に来てくれました。

ハウスの中の様子、どんな機械、設備があるのかトマトの種類、収穫するまでに

どれ位かかるのかと色々質問を受けました。

ミニトマトを試食してもらいました。可愛い子供たちに楽しい時間を頂きました。

曇ったり晴れたりですが秋を感じる穏やかな南知多です。

たくさんある種苗会社が、新しいトマトの品種を次々と出してきます。今回は、大玉トマトとミニトマトそれぞれ二種類づつチャレンジしました。

今までも新品種には取り組んで来ましたが、ほとんど納得のできるものに出会ったことがありません。

今回も・・・と思いつつ諦めずに取り組んでいきます。

t

秋晴れに恵まれ南知多は日帰りドライブのお客様いっぱい

一昨日の大風とうって変わり秋晴れに恵まれて各地でイベントが

行われ、賑わった南知多❗️私もちょっとハウスを抜け出し豊半さんの

駐車場で花の苗の移動販売を覗き、すいせんひろば祭りを覗き、南知多町の

文化展を観て来ました。この写真は1月17日に播種したトマトの樹です。

沢山の実をつけています。楽しみ‼️

やっと秋が来た!っていう感じの南知多です。

まだ気温は高めに推移していますが、秋らしい日が続いています。ハウスのまわりは、セイダカアワダチソウの黄色い花が、今を盛りに咲いいています。k昨日届いたばかりのマルハナバチですが、この時期になるとひじょうに元気良く働いてくれる頼もしい存在です。トマトの花は、蜜がでないのでマルハナバチは花粉を集める特殊なハチなんです。​

本日の南知多は快晴!日帰りドライブの車が行き交ってます。

秋の行楽シーズンにふさわしい天気にh久しぶりになりました。こういう日には、ハウスのトマトもより一層元気に見えます。上の画像は、栽培ベッドのパネルを外し根っこの様子を見たところです。定植して3ヶ月程の樹ですが、これが10ヶ月目になればほぼスペースいっぱいに白い根でマットのようになります。その時は、樹の方も枝葉が6メートル四方に広がり実もたくさん採れるようになります。

早く来い秋!日照不足が心配だがトマトは頑張っています。

ほとんどまともに陽射しのない日が、ずっと続いていますが、ハウスの中ではなんとかトマトは順調に成長しています。太陽の光がとどかないと、障害となり樹が弱り病弱になります。今のところ元気に育ち、花の展開も良く蜂が交配した証拠となるバイトマークもしっかりついています。

h