th-farm のすべての投稿

台風の後というのに天気がはっきりしない。

例年より高い気温が続いた為か、メロンの裂果が目立ちます。

いいにおいがして来たと全体を見てみると、しりの部分が割れています。

これではものにならないと思うので、来春また挑戦します。

メロンの試験栽培をしていますが、成果が楽しみです。

7月8日の種植えしたメロンで、1ヶ月経過した様子です。

3ヶ月目に入って20個程交配した内の1つですが、10日が過ぎて日に日に大きくなっております。10月23日の収穫予定になっております。今からとても楽しみです。

お盆明け猛暑は、おさまりつつある南知多です。

はんぱない暑さも、ここに来て少しずつ落ち着いてきた様です。

写真は、昨年の9月20日に種植えした桃太郎Tー93です。ここに来て収穫は終わりに近づいてきていますが、株元がぐっと太くなって来ました。

梅雨明けとともに夏本番。ハウスの中は、連日40度越え!

まだ暑さに身体が適応できず、無理しないよう気をつけながら、日中は休み朝夕に作業しています。

2月から6月にかけてキュウリを一本栽培してみました。740本収穫できましたが、販売することなく訪れてきた方に食べてもらいました。美味しいと評判になり、新たに追加栽培することにしました。

収穫のピークを越して、少しずつ余裕ができました。

とんでもない暑さが続き、一時は肉体的に不安を覚えることがあり、さすがに年齢的な衰えを思い知らされました。

4月にふらりと入り込んだネコですが、そのまま居着いて今ではハウスの住人になっております。

子供たちの熱心な質問に感動です。

南知多町大井小学校3年生の子ら10名が、社会見学としてハウスに来てくれました。しっかり手をあげて次々と質問していました。

最後にミニトマトの試食タイムにプチプヨを食べてもらいましたが、ふだん食べられないと いう2名も、美味しいと言って食べてくれました。

もう師走もあと少しですが、暖かめの年の瀬でした。

花数が、蜂の勢いに追い付かず、3日ぶりに巣箱を開放しました。気おつけていないと訪花した際にできるバイトマークが、強くなって花がダメになってしまいます。だから、3時間ほどで巣箱に回収ということになりました。

師走に入って、やっと増えてきました。

このところずっと暖かい日が続き、なんだか師走とは思えないような陽気になっています。ここに来て、やっと収穫量が増えてきました。これからは、安定して獲れていくと思います。

ここにきて順調に色づき始めました。

朝夕は、すこし冷えてきましたが、まだまだ暖かい日が続いているようです。

色づきが遅れていたトマトが、ここにきて順調に色づき始めています。食味も良く、糖度もあり美味しいトマトになっています。

そら君、美味しいトマトを前に待て、伏せをしているところです。

またまた協力台風24号が襲来!

今年3つ目の台風24号が、さすがに今回はやばいということで、停電に備えて発電機を準備しました。ところが、幸いにも停電にはならず使うことなく台風は、去ってくれました。備えあれば憂いなしと言うところで、やれやれでした。

まだまだ暑いですが、猛暑は落ち着き実をつけ始めました。

さすがにこの夏の暑さの中では、実をつけることはありませんでしたが、それも少し落ち着いてからは、ひとつずつ着き始めるようになって来ました。

新たにクロマルハナバチを導入したところ、温室の環境は、まだ高温多湿でさほど良くないにも関わらず、なんとか機嫌よく飛んでくれています。

いつまで続くのか連日の猛暑!

温室の中では、連日の猛暑で最高温度45度を記録しています。したがって、午前10時をまわる頃には、危険を感じてさっさと自宅に避難をします。午後は、日が傾き始めた3時半頃に出勤します。そんなきびしい中でも、トマトはじっと耐え成長しています。

高温多湿のなか一段落する迄もう一踏ん張り。

収穫のピークは過ぎたものの、樹の撤去と栽培そうの洗浄と苗づくりに追われています。まだ暑さに慣れてないせいなのか、年のせいなのか、なかなかはかどらない状態です。

7月13日テレビ東京の動物ピース特番19時放送に出演することになりました。ハウスでのそらの行動を3日がかりで撮影していきました。

咲き始めたと思いきやあっという間に満開の桜。暑いくらいの陽気です。

つい先日に開花したなと、思ったらいっきに気温上昇でもう満開の桜になってしまいました。もう少し長く楽しませて欲しいものです。

先日導入したハチを今朝に開放したところ、すごい数のハチが出て来ました。

さっそく交配の作業に取り掛かっていました。よく働いてくれるありがたい作業員といったところです。

南知多にやっと冬が終わり、春の訪れです。

寒い寒い冬が終わり、待ちに待った春がやっと来た。といった感じがします。

2月8日の種植えで夏から秋にかけて収穫するための苗です。春の日差しを受けて元気いっぱいです。

このところ糖度も上がってきて、色づきもよく日に日に美味しくなって来ています。

これからが楽しみです。

立春を迎えてハウスに獅子が舞う。

新年早々に来てくれるはずが、今年は引き合いが多く、やっとの登場となりました。今回は、雄の獅子と雌の獅子のペアーでやって来て、雌の獅子が舞、、雄の獅子は鎮座していました。小でぶのあゆゆちゃんありがとう。

まだまだ寒い南知多、春が早く来てほしい!

もうすぐ立春、寒い日が続いていますが、ハウスのトマトの樹は、ここに来て勢い着いて来ています。

2016年10月13日の種植えのミニトマトですが、新しい樹に入れ替えを予定していたところ、元気よく実をつけ始めたのでもうしばらく収穫することにしました。

晴天の日、ふと春の気配を感じるハウスの中。

日に日に日差しが伸びて、天気のいい日にはハウス内では、ハワイに来た気分で汗をかいています。

樹の成長とともに、身のほうも沢山ついて来ています。中には一個づつ見るからに甘そうなものが、目につくようになりました。

新しい年の始めは、低温日照不足でゆっくり穏やかにスタート。

昨年来の低温日照不足による色づきが遅く、収量もなかなか増えず、また新品種の取り組みが上手くいかず一部樹の入れ替えをしたため、若い樹が多く新しい年をのんびりと迎えています。

トマトを買いに来るお客さんに、愛想をふりまく看板犬のそら君!

秋から冬にかけての天候不順のせいか?

10月から11月までは、そこそこ採れていたのですが12月に入って、収量が減って来てしまいました。例年ならば、収穫に追われている時期なのに、のんびりしている状態です。

7月19日種植えのアニモですが、天候不順の影響なのか急な冷え込みのせいか、色づきがいまひとつという感じです。

秋の到来とともに、ひと山来る。

山が紅葉し始めると、トマトが一斉に色づき秋の収穫の山が来ます。何時もこの時期になると、朝夕の冷え込みで寒暖の差が、トマトを甘くしてくれるところ、今期は10月の日照不足で糖度がいまひとつ、というところです。

台風一過、思わぬ冷え込みで冬支度。

雨ばかりだった10月でしたが、台風22号が雨雲を連れ去ると同時に、冷たい北風がふきいっきに冷え込みました。

そこでハウス内の温度を安定する為に急きょ、内張を張る作業となりました。

気候が良くなり大きく早く元気に育ってます。

発芽して10日が過ぎた苗です。このところ天気が悪いにもかかわらず、日に日に大きくなっています。

種植えしてちょうど3ヶ月の樹ですが、既に実が色づき始めています。これが季節が変わり、陽が短かくなり低温の時期では、成長はぐっと遅くなります。

すっかり秋の空気に入れ替わった南知多です。

7月5日に種まきしたオレンジなつめっ娘です。暑かった夏を乗り越え、秋を迎えて無事色づき始めました。ミニトマトですが、最初の一個を糖度計で測定してみると8度あり、甘く美味しかったので、これからが楽しみです。