月別アーカイブ: 2014年11月

南知多で検討会

image

全国で同じ栽培技術に携わっている人たちが多くいます。
その中の水平部会に属している人が、関東、東海、関西、から8名集まり農場見学、検討会を南知多で行いました。
THファームの見学の後は、師崎の旅館で一泊しましたが、食事の後さらに深夜まで、栽培技術に関しての情報交換が繰り広げられました。

初めは数も多く実も大きく  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

8月に種まきした樹です。
いま一つづ赤くなり初めています。
初期についた実なので、ひと房に10個もついて、しかも実も大きくなっています。
これは、若くて勢いのある段階なので、身のほうに養分がたっぷり送られるからだと思われます。
収穫期になると、だいたいひと房に3個から4個と言ったところです。

納豆イン

納豆があまり好きでない主人
トマトを入れてみたら、結構食べてくれました。私も食べてみました。
なかなか美味しいよ

THファームのトマトの水温管理

image

これは、ボイラーです。
栽培に欠かせない溶液は、この時期から水温が低くなってしまいますので、このボイラーで20度に保つようにしてます。
寒い冬でも根は元気に養分を吸収して、成長してくれるのです。

海陽とまと(約1.3kg入り)15玉入り

tomato-3

tomato-32
tomato-31

愛知県知多半島にあるTHファームのハウスの中で元気に
育ったトマトを朝収穫して、お届けさせていただきます。
顔の見えるトマトとしてお届けしておりますのでご安心
してお待ちください。

海陽とまと(約1.3kg入り)12玉入り

tomato-2

tomato-32
tomato-31

愛知県知多半島にあるTHファームのハウスの中で元気に
育ったトマトを朝収穫して、お届けさせていただきます。
顔の見えるトマトとしてお届けしておりますのでご安心
してお待ちください。

水気耕栽培の特徴 [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

これは、栽培槽に水を流入する部分です。先端が栽培槽に入っている白いものは、空気混入器と言います。
両サイドに小さな穴が空いていて、水と一緒に空気も栽培槽の中に流入していきます。
トマトの根に、常に養分と酸素が供給されて、根はどんどん増えて行き巨木となります。

3段階のステージのTHファームトマト [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

種を植えて、このステージで2週間程ここで苗づくりをします。

image

育成のステージで、苗をここに定植します。全部で18ベッドあり、ここで3か月程成長していきます。

image

最終ステージは、収穫です。
THファームのトマトのステージとしては、ここが一番長くなります。
どのステージも、心配りが必要となります。