「ジャム」タグアーカイブ

THファームの新商品  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

そら!待てっ!大好きなアイコを前にしてポーズをとったところです。
そのアイコで作ったジャムが、出来てきました。
無添加の安心安全な美味しいジャムに仕上がりました。
すでに、サンプルで試食していただいた方で、予約を受けていた人に今日取り来ていただきました。
    

トマトの樹の下で  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

THファームの愛犬そらです。
いつも一日中ハウスで過ごしています。
ハウスの中は、暖かいのでトマトの樹の下や、テーブルの下でのんびりと昼寝をしています。
お客さんが来ると、しっぽを振りながらチンチンしてお迎えしています。

THファームトマトの成長スピード

image

定植したばかりの苗です。
発芽して、およそ20日ぐらい経っています。

image

定植して5か月程経った樹です。
直径5メートル程になっています。
これから、まだ実をつけながら大きくなっていきます。
3月半ばには、糖度が上がり美味しいトマトになります。

うっかりするとTHファームのトマト

image

ちょっと見過ごしていると、10固程ついている実がどんどん大きくなって、上に伸びている枝がその重みでずり落ちてきてしまいます。
この実の枝も慌てて紐で吊り上げたところです。

巨木へのスタート  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

養分と酸素を混入した水を循環させた装置で発芽した苗です。
このくらいになると、栽培ベッドに定植するところです。
発芽した時と同じ状態で最後まで栽培します。
なるべく大きな変化を与えないように、樹にキズをつけない ように、ストレスを与えないように、温かく見守っていきます。

THファームの意外なもの  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

トマトとトマトの間に2メートル以上になって青い実をつけているのは、パパイヤです。
いつもトマトを買いに来てくれる、おばちゃまが苗を持って来ておいていったものです。
10固程実をつけていて、炒めたりして食べると美味しいとのこと、楽しみです。

THファームのトマトの栽培槽(知多半島 南知多 豊浜)

image

トマトの栽培槽の、カバーとパネルを外したところです。
上の方から水が入って、黄色い水位調節管から落ちてタンクに戻り、そこからまた送られて来るというように循環しています。

THファームのトマトはデカイ

image

いま収穫しているトマトは、夏に種まきした樹が中心です。
ですから、採り初めの樹の実は、ほとんどデカイのです。
最も大きいものになると、400gを超すものがあります。

THファームのトマトの生命力

image

寒波の襲来で、低温と日照不足が続き少し勢いを無くした様子でしたが、今朝は久しぶりに明るい日射しにめぐまれて、トマトさんは、生き生きと輝いていました。
こういう時に、椅子にもたれて栽培槽の水の流れる音を聞きながら、トマトの樹の下にいると、トマトの生命力を肌で感じられます。

氷もはり雪も舞う南知多  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

いつもなら天気が良ければ、8時にカーテンは開くのですが、今朝は氷がはり風も強く雪が舞うという冷え込みで、保温のため閉めたままです。
最近、ぐっと冷えてきたので積算温度に日数がかかり、なかなかトマトが赤くなって来なくなりました。

アイコの房取り [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

ミニトマトのアイコが、房ごと赤くなって来ました。
最初に実のついた一段目の実なので、ふつうの実の2、3倍の大きなアイコです。
通常は、房の元の実から赤くなるので、赤くなったものから採っていきますが、今回は房ごと赤くなるのを待って、収穫しようと思います。

南知多の朝日をうけて  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

朝日を浴びた葉が、あざやかに輝いていました。
日がのぼる頃から、光合成が行われ初めて、日が射し込まれ葉に光が、いっぱいあたる頃に最盛期となります。
そして、実をつけながらどんどん枝を伸ばしていきます。

THファームのハチの家

image

交配用のハチは、宅配便で送られて来ます。
暑い日も寒い日もあり、揺られて来るのでストレスがかかります。
そこで、THファームに着いたら快適な状態に置こうと、空調つきの家を用意しています。
四角い枠が出入り口で、全体は発泡スチロールで出来ています。
ハチは、15度から25度が適温なので、家の中は、その中心に保たれています。

THファームの働き者

image

今月3日に導入したハチです。
来たばかりの時は、巣箱から出てくるのは数ひきでしたが、巣箱に回収して本日2日ぶりに解放してみると元気よくぞろぞろ出て来ました。
一週間の間にハチの数が、ずいぶん増えたようです。

ピークをむかえたTHファームのトマト [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

5月12日の種まきのトマトさんです。
秋口からついた実が、次々と赤くなり、少し収穫作業に追われるようになって来ました。

冷たい雨の南知多  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

朝から冷たい雨の降る1日でした。
ふつうなら、日が昇れば開いているはずの保温用のカーテンが、日射しもなく温度が上がらず閉まったままでした。
暖房機は、日中は17度に設定しているので、けっこう回るという状態でした。

一気に冷え込んだTHファーム [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

温風機から暖かい風を送るダクトが膨らんでいるところです。
温度の設定は、夜間は12度で夜明け前からは、16度にしています。
暖かかった昨日までと打って変わり、今朝は忙しそうに温風機は回っていました。

南知多で検討会

image

全国で同じ栽培技術に携わっている人たちが多くいます。
その中の水平部会に属している人が、関東、東海、関西、から8名集まり農場見学、検討会を南知多で行いました。
THファームの見学の後は、師崎の旅館で一泊しましたが、食事の後さらに深夜まで、栽培技術に関しての情報交換が繰り広げられました。

初めは数も多く実も大きく  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

8月に種まきした樹です。
いま一つづ赤くなり初めています。
初期についた実なので、ひと房に10個もついて、しかも実も大きくなっています。
これは、若くて勢いのある段階なので、身のほうに養分がたっぷり送られるからだと思われます。
収穫期になると、だいたいひと房に3個から4個と言ったところです。

納豆イン

納豆があまり好きでない主人
トマトを入れてみたら、結構食べてくれました。私も食べてみました。
なかなか美味しいよ

THファームのトマトの水温管理

image

これは、ボイラーです。
栽培に欠かせない溶液は、この時期から水温が低くなってしまいますので、このボイラーで20度に保つようにしてます。
寒い冬でも根は元気に養分を吸収して、成長してくれるのです。

THファームの合体トマト [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

2つ分のトマトが、一つに合体した状態になっています。
これは、すでに花の時に普通の花の倍の大きさになっています。
こういうトマトは、パワーがつまっているので比較的しっかりしていて、美味しいものが多いのです。

THファームのアイコ [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

ミニトマトの品種でアイコと言います。
1本の樹だけ栽培収穫していて、採って来たばかりのところです。

image

10メートルに伸び広がっていますので、採り終えるのに1時間程かかります。
収穫するのに、身長が足りないときに白い発泡スチロールでできた下駄を履いて作業をします。

夕陽に染まるTHファームのトマト [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

夕方4時も回ると、さすがにハウスの中もぐっと冷えて来ます。
そしてトマトが夕陽に染まるころになりますと、保温用の頭上のカーテンが閉まり始めます。
日の入りの時間が、日に日に早くなり早々に作業も切り上げます。

南知多も冬の寒さ [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

今朝までは、10月なみの暖かさだったのに、昼前後からどんどん風が冷たくなって気温も上がりません。
明朝は、かなり冷えるということなので、保温用の内張りをしました。

水気耕栽培の特徴 [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

これは、栽培槽に水を流入する部分です。先端が栽培槽に入っている白いものは、空気混入器と言います。
両サイドに小さな穴が空いていて、水と一緒に空気も栽培槽の中に流入していきます。
トマトの根に、常に養分と酸素が供給されて、根はどんどん増えて行き巨木となります。

3段階のステージのTHファームトマト [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

種を植えて、このステージで2週間程ここで苗づくりをします。

image

育成のステージで、苗をここに定植します。全部で18ベッドあり、ここで3か月程成長していきます。

image

最終ステージは、収穫です。
THファームのトマトのステージとしては、ここが一番長くなります。
どのステージも、心配りが必要となります。

秋のTHファームのトマト [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

今から1か月程前、ハチが元気に飛び始め、たくさん実をつけて来ました。
ここに来て、赤く色ずくトマトが日に日に増えて来ました。
あと2週間後には、色ずきもピークが来ると思います。
春のトマトよりは、甘さでは劣りますが、この秋のトマトの方が美味しいと言う人もいます。

南知多町産業まつりでトマト販売 [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

南知多町産業まつりに初参加しました。トマト1袋300円、ケチャップ750円、ジャム540円で、それぞれ試食販売をしましたが、美味しいと好評でした。
トマトは、まだそんなに数量がなかったのですぐ売り切れとなりました。
朝早くからすごい人で、知り合いも多く楽しい1日でした。

THファームのトマト発芽装置 [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

トマトの種を植えて発芽させる装置です。大きさは、1メートル四方で高さが30センチ程、栽培槽と液肥槽の2段に別れていて、水を循環させています。
種を植えて2、3日で発芽します。
この時の誕生の場が、この先の成長にとって、とても大切なのです。

南知多の環境に適応していきます。[知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

トマトは、生まれた土地、季節、環境に適応して生きていきます。
交配用のハチも同じように適応しています。
トマトが元気に成長していると、ハチも同じように元気に飛び回ります。
ここに来て、トマトの花にハチがつけるバイトマークがきつくなってきたので、ハチを巣箱に回収することにしました。

手間要らずのTHファームのトマト [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

image

1本の樹から枝が、いっぱい伸びています。水平放任栽培では、何ら手をかけずトマトが、伸びたいように伸ばしていきます。
ストレスを与えないように、放任栽培することによって、巨木になり美味しいトマトの実をいっぱいつけてくれるのです。

THファームオカリナの演奏会 [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

ハウスの中にオカリナの音色が響き渡りました。
なんとも言えない、素朴な音色で懐かしいメロディが、聞きに来た人達を魅了していました。
きっとトマトさんたちも、心地よい雰囲気につつまれて嬉しかったことでしょう。

THファームのトマトの樹の株元 [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

1か月目のトマトの樹です。まだえんぴつ程の太さです。

image

10か月目の樹ですけれど人間の腕ぐらいの太さの株元になっています。
もう2か月して1年もすると、さらに太くなります。
まさに、トマトの巨木と言ったところです。

トマトの引っ越し南知多は雨のち曇り [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

種まきから2か月半が過ぎた樹です。
これから、育成用の栽培場から収穫用の場所へと移動しているところです。
この作業は、温室内の温度があまり高くならない、曇った日がいいのです。
引っ越し先で、およそ10か月程収穫することになります。

THファームの働き者 [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

さぁ、今日も出動だ!と巣箱から出て着地台から飛び立とうとしているところです。
こうして、毎日トマトの花を回って両足に花粉の団子をつけては、巣箱に戻って来ます。
それによって、トマトの花の交配をしてくれているわけで、本当に助かります。

THファーム秋のトマト [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

朝夕に冷えて、日中に気温が上がり、いい条件になりました。甘いトマトの証、ヘタの周りが緑です。ベースグリーンと言います。

image

お尻を見ると放射線状にすじが見えます。糖度は8度以上はあると思います。これから赤くなってくるトマトは、甘く美味しいものが採れて来ます。

知多半島で唯一の栽培方法 [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

トマトの枝は、上へ上へと伸びていきます。
やがて、棚の上まで伸びて行き自分の重さで棚の上で横になり、そして、また上に伸びて自重で横になるということを続けていきます。
黙って見ているだけで、10メートル四方程に広がります。
これを水平放任栽培と言います。

南知多癒しスポット? [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

水気耕栽培、水に肥料分と酸素を混入して、その水を循環させて栽培する農法です。
24時間水を循環させていますので、いつも小川のせせらぎのような水の流れる心地よい音が聞こえて来ます。
このトマトの樹の下に座っていると、心が安らぎ時の過ぎるのも、忘れてしまうほどです。

南知多海陽トマト [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

6月29日種まきの樹です。

image

その樹から初収穫のトマトです。
これから来年の6月まで収穫することになる予定です。
トマトの美味しさは、季節によって変化します。これから11月に入って2週間ぐらいと、春をむかえた4、5月に特に美味しくなります。
その時の特に甘いトマトを南知多海陽トマトとして、提供しています。

蓮根ハンバーグ焼きトマトのせ [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

トマトは火を入れると、栄養がアップします。輪切りにしたトマトに塩少々、小麦粉をまぶしオリーブオイルでやきます。

Thファームのトマトの花に [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

トマトの花が少し茶色にキズがついたようになっています。
これは、ハチが交配を終えた後のバイトマークです。
今の時期は、次々と花が展開していきますので、ハチも本当に忙しそうに、特に、朝夕一生懸命働いています。

無添加 赤と緑のとまとジャム(緑)

jam-003

商品の説明

商品名

無添加 赤と緑のとまとジャム(緑)

保存方法

直射日光を避け常温保存
賞味期限製造日より1年

原材料

トマト、てんさい糖、レモン果汁

内容量

140g

販売者

THファーム 大参時義

愛知県知多半島にあるTHファームでは、トマトをハイポニカ農法(水気耕栽培)しております。
樹になるトマトとしてトマトにストレスを与えず育てております。
トマトから出来た、トマトジャムはやっぱりした味わいでパンにつけるだけでなく料理にお使いください。

無添加 赤と緑のとまとジャム(赤)

jam-002

商品の説明

商品名

無添加 赤と緑のとまとジャム(赤)

保存方法

直射日光を避け常温保存
賞味期限製造日より1年

原材料

トマト、てんさい糖、レモン果汁

内容量

140g

販売者

THファーム 大参時義

愛知県知多半島にあるTHファームでは、トマトをハイポニカ農法(水気耕栽培)しております。
樹になるトマトとしてトマトにストレスを与えず育てております。
トマトから出来た、トマトジャムはやっぱりした味わいでパンにつけるだけでなく料理にお使いください。

無添加 赤と緑のとまとジャム(赤・緑)2個セット

jam-001

商品の説明

商品名

無添加 赤と緑のとまとジャム 赤・緑(各1個)

保存方法

直射日光を避け常温保存
賞味期限製造日より1年

原材料

トマト、てんさい糖、レモン果汁

内容量

140g×2

販売者

THファーム 大参時義

愛知県知多半島にあるTHファームでは、トマトをハイポニカ農法(水気耕栽培)しております。
樹になるトマトとしてトマトにストレスを与えず育てております。
トマトから出来た、トマトジャムはやっぱりした味わいでパンにつけるだけでなく料理にお使いください。

どこまで伸びるの?  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

10か月目になる樹なんですが、夏の暑さを乗り越え、最近ぐーんと大きく伸びて10メートル程にまでなり、となりの樹のスペースに侵入しています。
これでは、となりの樹が萎縮してしまいます。
がんばって伸びようとしているところではありますが、成長点をカットさせてもらいました。

最初が大切に育てるトマト  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

小さな種から誕生したばかりのミニトマトの苗です。
この苗が、1年もすると10メートル四方に伸びて、500キログラム程の実を収穫することができます。
この発芽装置は、肥料分を含んだ溶液に流速をあたえて

循環させています。
こういう場で発芽させることが大事なんです。

トマトの花から花へ  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

数日前についた可愛いトマトの実です。
40日ぐらいすると、大きくなって色ずきはじめるでしょう。
ハチさんが、花から花へと次々にとまっていきますので、このような小さい実がどんどんついています。
11月にはいると収穫は増えて来ると思います。

トマトが色ずきはじめています。  [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

5月生まれのトマトです。
いま直径およそ6メートルほどになっています。季節がよくなりどんどん大きくなっています。実のほうも色ずきはじめ、今月後半にはたくさんとれるようになると思います。

黄色いのは?   [知多半島 南知多 豊浜 THファーム トマト農園]

image

この黄色い短冊みたいなもんて何?
なーんて来る人によく聞かれるんですが、実は、これは病気をはこんで来る害虫を、くっ付けて捕らえる粘着板です。気をつけないと、振り向いた瞬間に顔にベタ!なんてこともあります。